オシャレなホームページを作るためにはこんな努力が必要!

紙に描かれたデザインをデジタル化しなければならない

デザインが優れているオシャレなホームページは簡単に作れるものではありません。大学のデザイン学科などに通う人であっても同様です。なぜデザインセンスとホームページ作成が簡単に結びつかないのかというと、紙に書かれたデザインをデジタル化することが非常に難しいからです。
たとえば、雑誌の表紙などであれば、極端な話、作成したデザインをそのまま印刷すれば完成です。しかし、ホームページの場合、HTMLとCSSを用いてデザインを再構成していくことになるので、HTMLとCSSを使いこなせない限り、紙のデザインを再現することはできません。
しかし、HTMLとCSSを完全に覚えるのは時間がかかるので、相応の努力をしないとオシャレなホームページは作れないというわけです。

ホームページ作成会社では分業制で作っている

比較的大きめのホームページ作成会社の場合、デザイナーはデザインだけできればいいと割り切って使っているところもあります。では、HTMLとCSSは誰が書くのかというと、コーダーと呼ばれる役割の人たちです。コーダーにはデザイン能力はありませんが、どのようにHTMLとCSSを記述すれば紙に描かれたデザインを完全に再現できるのかわかっているので、デザイナーと組んでオシャレなページを作れるわけです。
個人が作る場合、デザイナーとコーダーの役割を一人でこなさないといけないので大変ですが、抜け道としては海外のデザイナーが作成した、フリーのテンプレートをベースにして作成するという方法があります。ただ、この場合でも、何百、何千とあるテンプレートの中からいいものを探さないといけないので、やはり大変です。

魅力的なホームページ作成の方法は、コンテンツ内容を充実させるだけでなく、レイアウトにもこだわることがポイントです。